学生支援緊急給付金の条件や対象者は?申請方法や支給時期・自己申告なのかについても

こんばんは!AOIです(^^)/

 

新型コロナウイルスの影響で、アルバイトの収入が減少した大学生向けに一人当たり『最大20万円』の学生支援緊急給付金が支払われることが決まりました。

 

自分は給付金が貰える対象なのか?

学生支援緊急給付金はいくらもらえるのか?

申請方法やいつ給付されるのかも気になります。

 

そこでこちらでは、学生支援緊急給付金の

  • 条件
  • 対象者
  • 申請方法
  • 支給時期
  • 自己申告なのか

についてまとめました!

 

 

学生支援緊急給付金の条件(基準)や対象者は?

「学生支援緊急給付金」の支援の対象者は

  • 大学
  • 大学院
  • 短期大学
  • 高等専門学校
  • 専門学校
  • 日本語学校の生徒

で、アルバイト代を学費などに充てていて、新型コロナウイルスの影響で収入が大幅に減少して学業の継続が困難な方です。

 

まだはっきりと、以前よりどのくらい収入が減ったかなどの基準の詳細は発表されておらず、政府は43万人ほど対象者がいるということを明らかにしています。

 

「学生支援緊急給付金」の基準や対象者の詳細が分かり次第追記しますね!

 

学生支援緊急給付金はいくらもらえるの?

学生支援緊急給付金は

  • バイト収入が激減した場合:10万円
  • 住民税非課税世帯:20万円

給付されます。

 

バイト収入が激減とはどのくらいが激減なのか、半分以下で激減になるのか、その基準も知りたいところですが、学生支援緊急給付金の給付の基準はまだはっきりとは発表されていません。

 

「特別定額給付金」が一人当たり一律10万円に決まる前は、収入が半分以下になった方のみ「特別定額給付金」30万円という案も出ていたので、もしかしたら収入が半分以下という基準も入ってくるのではないかなと思います。

 

 

最大20万円が給付される学生支援緊急給付金の申請方法(手続き)は?自己申告制なの?

国民1人当たり10万円が給付される「特別定額給付金」は郵送・オンライン申請で行われますが、

「学生支援緊急給付金」の申請はご自身が在学中の大学などに申請が必要です。

 

大学生・大学院生だから必ず10万円~20万円が給付されるというものではなく、「学生支援緊急給付金」を申請した際に支給要件を満たしているか審査が行われ、基準をクリアし、認められれば日本学生支援機構を通じて給付されます。

 

「学生支援緊急給付金」も自己申告制になると思いますので、「学生支援緊急給付金」を申請したい方は通っている学校に早めに聞いてみるほうが良いですね!

 

学生支援緊急給付金の申請に必要な書類は?

まだ、学生支援緊急給付金の申請に必要書類は発表されていませんが、収入が減額したことが分かる「給与明細や源泉徴収票などの写し」やマイナンバーカードなどの本人確認も必要になってくるのではないかなと思います。

 

必要書類も分かり次第追記します。

 

学生支援緊急給付金の支給時期はいつ?

文部科学省によると、「学生支援緊急給付金」は6月中旬頃から給付出来るようにしたいと言っていますが、はっきりといつ給付されるとは書かれていません。

 

「学生支援緊急給付金」を給付してもらうにも、支給要件を満たしているかの審査が行われるので時間がかかるのは分かりますが、アルバイト代が減り生活に困窮している状態の方も多いと思うので、出来るだけ早く「学生支援緊急給付金」が受け取れるようにして欲しいですね。

 

1日の単発で入れるアルバイトもある!

1日だけ予定が空いているからアルバイトしたいな!という方におすすめなのが、1日の単発で入れるアルバイトです。

 

単発で入れる求人サイトも多数あり、中には採用されるとお祝い金が貰える求人サイトもあります。

 

お祝い金制度がある求人サイト

 

単発の仕事で履歴書を書くのも面倒ですが、単発バイトアプリ「シェアフル」なら履歴書も不要なので時短になりますね!

 

3つの求人サイトの特色

 

単発の仕事をたくさんしたい方はシェアフルがおすすめですし、長期勤務でもいいからお祝い金制度があるところがいいという方はマッハバイトがおすすめです。

 

全国展開していない求人サイトもありますので、登録前に対象地域かご確認くださいね!

 

 

まとめ

学生支援緊急給付金の条件や対象者は?申請方法や支給時期・自己申告なのかについてまとめました。

 

「学生支援緊急給付金」の支援の対象者は

  • 大学
  • 大学院
  • 短期大学
  • 高等専門学校
  • 専門学校
  • 日本語学校の生徒

で、アルバイト代を学費などに充てていて、新型コロナウイルスの影響で収入が大幅に減少して学業の継続が困難な方で学生支援緊急給付金はバイト収入が激減した場合は10万円・住民税非課税世帯は20万円給付されます。

 

「学生支援緊急給付金」の申請はご自身が在学中の大学などに申請が必要で、6月中旬頃から給付される予定です。

 

詳細が分かり次第追記しますね(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です