新型コロナウイルス第3便帰国感染者が入院する病院はどこ?無症状の人ははくおうに滞在なのか調査

日本に帰国したい武漢在住の日本人300名がいることを受け、30日夜に羽田空港から武漢に向けて第3便のチャーター便が出発しました。

 

第3便の羽田空港の到着は1/31(金)午前の予定です。

 

第2便で到着した無症状の方は警察大学校・西ヶ原研修合同庁舎に滞在していますが、第3便で到着した方の受け入れ先はどこになるのでしょうか?

新型コロナウイルス第2便帰国感染者が入院する東京の病院はどこ?無症状の人の滞在先についても

 

そこで今回は、新型コロナウイルス

  • 第3便で帰国した感染者が入院する病院
  • 無症状の人の滞在先

についてまとめました!

 

 

第3便で帰国した感染者が入院する病院はどこ?

第3便の到着するのは羽田空港と言われていますので、第2便同様に東京近辺の第一種感染症指定医療機関か第二種感染症指定医療機関に入院する可能性が高いと思います。

 

東京都の第一種感染症指定医療機関は

  • 東京都立駒込病院 
  • 東京都立墨東病院 
  • 公益財団法人東京都保険医療公社 荏原病院 
  • 自衛隊中央病院

の4つです。

すでに駒込病院・墨東病院 ・荏原病院は第2便の新型肺炎の症状が出ている方の入院先になっていますので駒込病院・墨東病院 ・荏原病院以外の病院になるのではないのでしょうか?

 

第2便の入院先は、第二種感染症指定医療機関に指定されている「豊島病院」も入っていましたので、第3便で帰国された方も第二種感染症指定医療機関に入院する可能性も高いと思います。

 

1月30日武漢発の検疫で自衛隊中央病院の看護官2名が支援すると書かれていますので、そのために自衛隊中央病院は入院先に選ばれなかったのかもしれませんね。

 

東京の第二種感染症指定医療機関は

駒込病院・墨東病院 ・荏原病院以外では

  • 公益財団法人東京都保健医療公社 豊島病院
  • 青梅市立総合病院
  • 東京医科大学八王子医療センター
  • 国家公務員共済組合連合会 立川病院
  • 日本赤十字社東京都支部 武蔵野赤十字病院
  • 公立昭和病院
  • 国民健康保険町立八丈病院
  • 医療法人財団葛飾厚生会 東立病院
  • 社会福祉法人仁生社 江戸川メディケア病院
  • 公益財団法人結核予防会 新山手病院
  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院
  • 公益財団法人結核予防会 複十字病院
  • 社会福祉法人上宮会 清瀬リハビリテーション病院
  • 独立行政法人国立病院機構 東京病院
  • 東京都立多摩総合医療センター
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
  • 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
  • JR東京総合病院
  • 日本大学医学部附属板橋病院
  • 東京都立小児総合医療センター
  • 医療法人伯鳳会 東京曳舟病院
  • 社会医療法人社団健友会 中野共立病院
  • 学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院
  • 日本赤十字医療センター
  • 城南福祉医療協会 大田病院
  • 河北総合病院分院
  • 日本医科大学付属病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 東京都立松沢病院横浜市立市民病院

があります。

 

第1便で帰国した方で入院した人が12人で第2便で26人、第3便は50人ほど入院することになりそうですね。

第二種感染症指定医療機関か第一種感染症指定医療機関の自衛隊中央病院になるのか朝には発表されると思うので分かり次第追記しますね!

無症状の人の滞在先は?

今後も各省庁の研修施設や防衛省がチャーターしている民間貨客船「はくおう」などの大型船が滞在先として使われる可能性もあると言われています。

 

※追記

第3便で到着した無症状の人は、

茨城県の筑波産学連携支援センターと埼玉県の国立保健医療科学院の寄宿舎に受け入れされることが決まりました!

茨城県 筑波産学連携支援センター

住所:〒305-8601 茨城県つくば市観音台2丁目1−9

 

地図

 

埼玉県 国立保健医療科学院の寄宿舎

住所: 〒351-0197 埼玉県和光市南2-3-6 

国立保健医療科学院敷地内

 

地図

 

埼玉県の国立保健医療科学院寄宿舎は、全154室の個室が用意されています。

 

民間貨客船 はくおう

はくおうは防衛相のチャーター機で自衛隊が使用する船です。

今までも、2016年に発生した熊本地震の被災地支援のため、熊本県の八代港に停泊し宿泊ホテルシップとして利用されました。

2018年7月に発生した豪雨で被災した広島県三原市では船内での無償の入浴支援など、災害時に活躍しています。

はくおうは、熊本地震の時のホテルシップとして300名ほど宿泊地として使われたので、今回の第3便の無症状の方の滞在地としても十分な大きさはあると思います。

 

まとめ

新型コロナウイルス第3便帰国感染者が入院する病院はどこ?無症状の人の滞在先についてまとめました。

 

  • 新型コロナウイルス第3便帰国感染者が入院する病院は東京で第二種感染症指定医療機関に指定されている病院になるのではないかと予想
  • 無症状の人の滞在先は、民間貨客船 はくおうの可能性が高いと予想→茨城県の筑波産学連携支援センターと埼玉県の国立保健医療科学院寄宿舎に受け入れが決定!

 

詳細が分かれば追記しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です